なかなか取れない冷蔵庫の臭いを上手に取る3つの方法!

 

冷蔵庫を開けた時の臭い、気になりますよね。消臭剤を入れてみても、いまひとつだったり。
なかなか取れない冷蔵庫の臭い取りについてご紹介します。

 

1)冷蔵庫を大そうじ!

 

臭いの元は何かというと、きちんとラップされていない食品、こぼれた汁、しみついた汚れなどです。
時間がある時は思い切って大そうじしましょう。
中に入っているものを全部外へ取り出し、電源を切ります。
濡れ布巾でざっと汚れを落とします。落ちにくい汚れは洗剤を薄めたものや重曹水などを使って落とします。
パッキン部分にも汚れが溜まりやすいので、濡れ布巾やブラシを使ってそうじしておきます。

 

2)中に入れる物もきれいにしてから

 

冷蔵庫に入れる食品や調味料、タッパー容器など、一つずつきれいに拭いて汚れや煮汁などを落としてから入れるようにしましょう。
容器が汚れていると臭いの元になります。
そうじしやすいように、トレーには新聞紙を敷いておき、汁がこぼれたら取り替えるようにしましょう。

 

3)消臭剤を一緒に入れる

 

市販の冷蔵庫用消臭剤を一緒に入れておきます。
期限が切れたら必ず取り替えます。
他に、脱臭作用のある炭や、焦げてしまったパンなどを入れておくと消臭剤の代わりになります。

 

それでも、どうしても取れない臭いがある場合は、おそうじのプロに頼むとよいでしょう。
キッチン清掃業者を調べてみましょう。

  • 2015/02/17 15:08:17